男女間の脱毛に対する感覚の違いについて

以前では脱毛は女性特有の物で、男性には関係のない物としての認識があったと思う。

少し毛が濃い女性や夏前に水着を着る為に、またタレントさんや水着モデルさんなんかも脱毛は当たり前にしてきた事と思う。

もちろん女性の中にも抵抗感のある方は存在するだろうが、全般的に女性が脱毛することへの抵抗感や偏見的な物は内に等しい物だったように感じる。

しかし、男性はというと別で、男がわざわざ毛を抜いて綺麗な脚になるだとか、毛が汚く見えるだとか、そういう事を言う男性はなにか弱弱しく見られたりまた女性から見てもそんななよなよした男性は見るに堪えないような風潮もあったように思う。

もちろんそんな時代の時にも脱毛していた男性はいてるだろうが、いてても他人に分からないように、隠すようにしていたはずだ。

ただ、最近は確実に違ってきている。

男性も綺麗に美しい方が印象がいいとか、男性も脱毛して見栄えを大事にした方がいいなど。

男性自身が自分の体に対しての意識も大変高くなり、白ヒゲ黒ひげヒジキ髭を見てもわかるように、男性自身の美意識も高くなっている。

それと同時に女性も男性に対する意識も変わってきていて、綺麗な見た目の男性を望むようになってきている。

ここ数年で男性の、そして男性に対する美意識の変化によって男性の脱毛に対する抵抗感はなくなってきているように思う。